恋愛が話題にのぼると「出会いがない」とため息をつき、加えて「世間には私にうってつけのオトコなんていないんだ」とくだを巻く。そうした最悪な女子会、参加したくないですよね?
恋愛相談では、相談を提言した側は相談を持ちかける前に回答が分かっていて、単純に決意のタイミングが分からなくて、自分の苦悶を忘れたくて意見を求めていると考えられます。
男の人を引き寄せて夢中にさせるテクニックから、男子との一つ先ゆく交際、それのみか輝く女子にステップアップするにはどういう思考回路でいればいいのかなど、無数の恋愛テクニックを明らかにしていきます。
悩ましい恋愛の経緯を知ってもらうことで頭が明るくなるのみならず、立ち往生している恋愛の具合を矯正する起爆剤になることも考えられます。。
あの人と話すとワクワクするな、肩の力が抜けるな、とか、接点を持ってからだんだんと「○○君のことをもっと知りたい」という心情を見出すのです。恋愛というものにはそうした順序が不可欠なのです。
出会いの場所があれば、必然的に恋愛関係になるなんていうのは現実には起こりえません。言い換えれば、恋がスタートしてしまえば、いずれの小さな出来事も、2人の出会いのロケーションへと進化します。
むやみに「出会いの状況」を書き出すように言いましたか?「これは嫌われるだろうな」といったイベントでも、不意に熱い恋を創出するかもしれないのです。
「出会いがない」などと悲しがっている人の多くは、実を言えば出会いがないなんて嘘っぱちで、出会い自体を避けようとしているという考え方があるのは確実です。